『傘をもたない蟻たちは』(加藤シゲアキ) ― おすすめの本

『傘をもたない蟻たちは』(加藤シゲアキ)の概要

短編小説が1冊の本にまとめられた、長・中編小説は読み切れないという方や色々な物語を一気に読みたいという方におすすめの小説です。

全ての物語が少し不思議で独特な視点を持って書かれており、何だか引き込まれます。

『傘をもたない蟻たちは』(加藤シゲアキ)の好きなエピソード

複数ある短編小説の中で特に好きなエピソードは2つあります。

まず1つ目は『恋愛小説』です。

一見、普通の恋愛モノじゃないか?と思いがちですが、読んでみると不思議な内容になっています。

しかし、タイトルに相応しく恋愛小説っぽい純愛さも感じられるエピソードです。

次に2つ目は『イヌイの雨』です。

読めば読むほどゾワゾワと気持ちが悪いような不思議な感じがするエピソードで、もし私たちの周りにも”イヌイ”が現れたら…?、等と考えることを止められなくなるほど面白いです。

『傘をもたない蟻たちは』(加藤シゲアキ)の好きな場面

好きな場面は全てのエピソードに共通するのですが、そのエピソード毎の最後のタネ明かしの場面です。

このエピソードにはどういったタネ明かし・意図があるのかを予想しながら読んで答え合わせをするのも楽しいですし、何も予想などはせずに普通の短編小説だろうと思って読んでいたものが、タネ明かしに向けて段々不思議な感じを前面に押し出してくるのをワクワクしながら読んでいくのも楽しいです。

ハッとさせられるものからゾクゾク・ザワザワするものまで、様々なタネ明かしがあります。



『傘をもたない蟻たちは』(加藤シゲアキ)で得たもの

短編小説の中に書かれている内容は基本的に有り得ないものばかりですが、ちょっと場面を日常に置き換えてみると色々考えさせられる小説になっています。

小説や文章を読んだ時に

「これは一体何を伝えたいのだろう?」

「この小説(文章)の意図は何だろう?」

ということを考える力が身についたなと思います。

また、短編小説なので読みやすく、物語を1つ読み切るという経験を得ることができるのも本が苦手な方にとっては大きい収穫になるのではないかと思います。

『傘をもたない蟻たちは』(加藤シゲアキ)はこんな方におすすめ

長・中編小説を読み切るほど本好きでは無い、または本を読むことが苦手だという方。

1冊を読み切ったという達成感を得るより、1冊で様々な物語を読んで満足感を得たいという方。

王道ストーリーに飽きたから、少し変わり種の独特な視点を持って書かれた物語を読んでみたいという方。

おすすめです!

『傘をもたない蟻たちは』(加藤シゲアキ)のまとめ

今回おすすめした『傘をもたない蟻たちは』(加藤シゲアキ)で物語を読み切るという経験を得てもっと本を読みたいと思った方や、王道では無い独特の世界観を持った小説に新たな魅力を見出したという方にはぜひ、同じく加藤シゲアキ氏が書かれた本をおすすめします。

アイドルと小説家という全く異なる経験をしている方だからなのか、他の小説とはひと味違う独特の世界観を持っていて、何だか分からないけれどもっと読みたいと思わせる小説を書かれますので、唯一無二のものを読みたいなら加藤シゲアキ氏の作品はおすすめです。

傘をもたない蟻たちは (角川文庫)

新品価格
¥616から
(2022/2/4 00:16時点)