『薄闇シルエット』(角田光代) ― おすすめの本

『薄闇シルエット』(角田光代)の概要

結婚=幸せとは思えず、「結婚してやる」という恋人に対しても反発を覚える37歳のハナ。

自分には自分なりの幸せがあるはずと、自らの道を突き進むが自分を信じられる決定的な何かも見つからず、気が付けば八方塞がりの毎日。

まわりと自分の差に落ち込みながらも、もがき成長していく女性の物語です。

『薄闇シルエット』(角田光代)の好きな登場人物

ハナの親友であるチサトが好きです。

ハナと同じような価値観をもっており、仕事でもプライベートでもかけがえのないパートナーであったチサトですが、次第にハナとは少し違った道を歩み始めます。

他人をうらやんで自分を蔑み、落ち込んでばかりのハナにチサトが言葉をかける場面では、ぐさりときます。

情報が溢れ簡単に人と比べることができてしまう世の中において、チサトには「自分は自分なのだ」ということを改めて教えてもらえたような気がして元気をもらえます。

『薄闇シルエット』(角田光代)で好きな場面

ハナが家族と一緒に鍋をかこむ場面が好きです。

この場面は2回あるのですが、同じような家族のやり取りに見えて1回目と2回目では家族のやり取りは少し違っています。

これは物語がすすむにつれて様々な出来事があり、ハナが色々なことを感じて学び、成長していったからこその違いではないかと感じます。

一見変わっているようで、どこにでもありそうなハナの家族。

ご自身の両親のことを思い出し、懐かしいような切ないような気持ちになるのではないでしょうか。



『薄闇シルエット』(角田光代)で得たもの

他人と自分を比較してもっと頑張らなくては、正しい何かを手に入れて「幸せ」にならなくては、という風潮が強い世の中において、自分は自分でいい、自分にしかなれないのだということを改めて感じられます。

『薄闇シルエット』(角田光代)に出てくる様々な登場人物を通して、人生において正解はないし、何を持っているか持っていないかではなく、自分がどうしたいか、どう生きたいかという事が大切なのだと学びました。

またハナが様々なものを吸収して成長していくにつれて、前向きな気持ちになれます。

『薄闇シルエット』(角田光代)はこんな方におすすめ

環境が大きく変わる20代後半~30代の女性の方に読んでいただきたい作品です。

その他にも、他人と自分を比べて落ち込んでしまう方や自分とは何かわからなかったり、これから生きていく軸を見つけられずにもがいている方にもおすすめです。

本の中の登場人物に共感し、彼女達の言葉に元気をもらえるはずです。

『薄闇シルエット』(角田光代)のまとめ

角田光代氏の文章は、「その気持ちわかる!」という感情描写が素晴らしく、登場人物に感情移入しながら物語に引き込まれていきます。

特に、主人公のハナが感じるような気持ちをもつ人は多いのではないかと思います。

また、完璧なハッピーエンドでなはいからこそ現実味があり、その中のひとつひとつのセリフや文章に元気をもらえます。

電子書籍でも読むことができるので、気軽に手に入りやすく、あまり普段本を読まない方にとっても読みやすい1冊かと思います。

薄闇シルエット (角川文庫)

新品価格
¥495から
(2022/6/14 23:20時点)