『愚連―岸和田のカオルちゃん』(中場利一) ― おすすめの本

『愚連―岸和田のカオルちゃん』(中場利一)の概要

大阪府の岸和田市に1950年代に生まれた「私」は、高校に入学して16歳になった頃には悪友の小鉄と共に喧嘩に明け暮れる日々を送っていた。

「カオルちゃん」の愛称で親しまれている30代の後半から40代前半にかけての無職の男性と出会い、次から次へとトラブルに巻き込まれていく。

愚連―岸和田のカオルちゃん

『愚連―岸和田のカオルちゃん』(中場利一)の好きな舞台背景

ストーリーの舞台となる、1970年代の大阪府岸和田市の街並みや地元住民の結び付きには心温まるものがありました。

お好み焼き屋さんや喫茶店などの、何気ない街角や路地裏の風景も印象深かったです。

一見すると粗暴な主人公の「私」や小鉄に、宿敵であり親友でもあるカオルちゃんのキャラクターも単純な善悪二元論では捉えきれないものがあります。

警察官から反社会的勢力の構成員まで、訳ありな人達が織りなす人間模様も魅力的です。

『愚連―岸和田のカオルちゃん』(中場利一)の好きな場面

1番に好きなセリフは、

「街の英雄を長い間、不在にしとくんは心が痛むねん」

というものです。

はた迷惑の固まりのようなカオルちゃんも、居なくなった途端に岸和田の灯が消えたような寂しさが訪れてしまうことが伝わってくる言葉です。

祭り騒ぎが大好きなカオルちゃんですが、だんじり祭が近づいたある時に岸和田署に逮捕されてしまいます。

友人達が祭りの日までにカオルちゃんを釈放させるために、保釈金集めに奔走していく場面が感動的でおすすめです。

『愚連―岸和田のカオルちゃん』(中場利一)で得たもの

この本を読んだことによって、ふるさとへの仄かな愛着が涌いています。

久しぶりに地元で開催されたお祭りにも参加するきっかけになり、長らく疎遠にしていた旧友達との再会を果たすことができました。

夕暮れと共に昔ながらの屋台が立ち並んでいる中を、リンゴ飴やいか焼きを味わいながら歩いていくのは最高でした。

夜になると何処からともなく聞こえてくる太鼓と笛の音色には、本作品で描かれているノスタルジックな思いも繋がるものがあり感動しました。

『愚連―岸和田のカオルちゃん』(中場利一)はこんな方におすすめ

長らく実家に帰省していない方や、夏祭りにとんとご無沙汰な方には是非とも手に取って頂きたい作品です。

竹内力の主演によって映像化もされているので、Vシネマがお好きな方にもおすすめです。

『愚連―岸和田のカオルちゃん』(中場利一)のまとめ

1999年の1月25日に講談社から刊行された自伝的文学で、故郷への思いを込めた情緒豊かな作品。

現在では書店で入手するのは困難なために、図書館や古書店を気長に巡って見つけるか通販で探すしかないと思われます。

著者によれば本作品に登場する人物にはモデルが存在していて、カオルちゃんのキャラクターも実在する人物を元にしているとのことです。

今でも祭りのシーズンになると、岸和田市の何処かで元気にお神輿を担いでいる姿を思い浮かべてしまいます。

当ブログおすすめの一冊

もしあなたが、

売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。
ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。
ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由を知りたい。
そもそも反応の取れる広告とは何か?を知りたい。

といったことに興味があるなら
きっとこちらの「現代広告の心理技術101」が
とても役に立つでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1516480/OhCZrcqd/

なぜならこの本は数多くの実験結果から導かれた
「どうすればお客は行動を起こすのか?」という
顧客の行動心理を徹底的に解明した本だからです。

メルマガやアフィリエイト、
リスティングなどのネット関連の広告に限らず、

ダイレクトメールや雑誌広告などの
オフラインの広告に至るまで

文章で商品を販売する人間にとって
顧客が何を考えて、どう行動するのか
ということを”知っている”のは非常に重要です。

というのも、広告を見た見込客が
何に反応してどういうアクションを起こすのかという
「広告の心理学」を知ることで
実に簡単に商品を売ることができるからです。

そして、この「広告心理学」を知っていれば
高度なコピーライティングの知識も必要ありません。

この本は

・パワフルな広告、パンフレット、セールスレター、ウェブサイトの作り方
・あなたの言葉を人に信じさせる方法
・人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
・「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ
・広告で絶対にやってはいけないこと

などなど、あなたが何をどう売っていようと
こうした「秘密」を学ぶことができる
特別な一冊になることでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1516480/OhCZrcqd/




電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!
お手持ちのスマホですぐ読める!書店で使えるポイントが貯まる