『女子の人間関係』(水島広子) ― おすすめの本

『女子の人間関係』(水島広子)の概要

噂好きな女。

自分が1番でないと気が済まない女。

グループで群れたがる女。

男の前で豹変する女…

こんなどこにでもいるような女達には、日々イライラするしかないのでしょうか?

この本では、どこにでもいるような困った女達の行動や心理を「『女』の症状」として医学的に取り扱い、客観的に解説してくれます。

そして『女』への対処法、『女』から身を守る方法、『女』との真の付き合い方を教えてくれるのです。

女子の人間関係

新品価格
¥1,430から
(2022/1/6 21:10時点)

『女子の人間関係』(水島広子)が教えてくれること

『女』とは、実は深く傷を負った心のこと。

例えば、女性が仕事でミスを指摘されるとします。

健康な心の持ち主ならば、ミスは単なるミスと受け止め修正すれば良いのだと考えます。

しかし『女』の心の持ち主にとっては、ミスの指摘は単なる指摘ではないのです。

人格否定に近い大変な出来事が起こった、と捉えられます。

そして激高し、反撃が始まります。

指摘した相手を「敵」とみなし、「敵」の悪口を言いふらして周りを自分の味方で固めていくのです。

でも、これは『女』の心の持ち主にありがちな1つのパターンに過ぎない、と本書では教えてくれます。

そしてこの状態から、とりあえずの対処方法と身を守る知恵を与えてくれるのです。

『女子の人間関係』(水島広子)の好きな場面

「『女』の症状」という見方を知らなかった時は、「『女』の症状」はその女性の困った性格で、どうしようもないことなのだと思っていました。

でもそうではなかったのです。

『女子の人間関係』(水島広子)では『女』が出来上がってしまう過程を教えてくれます。

『女』になってしまった本人には、過去に耐えられない人間関係があったのだ、と。

それは本人にすると日常的な出来事で、苦痛を感じながらも生きていくしかなかった・・・。

そこから生き抜く術として『女』になるしかなかったのだ、という新しい見方ができます。

そして『女』を見てうっとおしい、イライラする、と反応する自分の側にも『女』の心があるのだということは驚愕の事実でした。

『女子の人間関係』(水島広子)で得たもの

職場の先輩の仕事上のミスを、たまたま発見した時がありました。

そのミスを訂正してもらわないと、後々こちらに不都合が起こってしまう・・・

困りました。

でも、そのミスを勝手に直すことは不可能。

上司に報告して、上司から先輩に指摘してもらうことも考えましたが、その時そんな時間はなかったのです。

先輩は普段、上司からとても信頼されていて、先輩にもその自負がありました。

そんなプライドの高い先輩のミスを「ミスではないように」訂正してもらうにはどうしたらよいか?

その時にこの本が非常に役立ちました。

ヒントは「自分は変人である」ことをアピールすること。

これを元に、とても緊張しましたが、ミスがあることを先輩に納得してもらうことができ、ミスは穏やかに先輩によって訂正されたのでした。

『女子の人間関係』(水島広子)はこんな方におすすめ

女子の人間関係に悩む人、全てに読んで欲しい本です。

具体的な「女」の例があり、1つ1つに丁寧なアドバイスがあります。

例としては、職場の同僚、ママ友、社宅、友人同士、嫁姑、母親との関係等どがあります。

読みやすいので、10代の女子からでも十分理解できます。

また、男性にも「どうして女ってこうなの?」という普段の疑問が大きく解決されると思います。

『女子の人間関係』(水島広子)のまとめ

この本に出てくる困った「女」達は当たり前の女性の姿、それが普通の女性だと思っていました。

そして女性の人間関係では我慢するしかないとか、場合によっては自分が悪い、と思い込むこともありました。

でも、そうではなかったのです。

本書の知恵と技術を基にすれば「女」と上手に折り合いをつけられるようになります。

実際は関係の改善にはなかなか時間がかかることですし、いつでも例文の通りにうまく行くとは限らないと思います。

でも自分は自分の感じ方を大切にして、マイペースで生きていけば良いのだ、という手応えをしっかりと感じられる本でした。

当ブログおすすめの一冊

ブログ『大人の読書感想文』管理人が、SNSを通じて知り合った作家さんの本です。

従順のすすめ 廉価版: 開かれた未来へ通じる至極の10の思想 (MyISBN – デザインエッグ社)


・タイトル:『従順のすすめ』

・著者:清水竜志

・内容:現代思想についての本です。

「好きとは何か」
「学業学歴とは何か」
「お金とは何か」
「ストレスとは何か」
「宗教とは何か」
「個性とは何か」
「若者の品格とは何か」
「競争とは何か」
「死とは何か」
「人間とは何か」

といった、現代社会の漠然とした疑問を新しい理屈の真理で解明する、という新しい取り組みをした充実の内容です。

是非、一冊お手に取り著者である思想家の清水竜志さんを応援して下さい。

清水竜志さんのTwitter:https://twitter.com/messages/media/1116542864228413445