『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(牧田善二) ― おすすめの本

『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(牧田善二)の概要

糖尿病専門医が教える、糖質制限の入門書のようなものです。

現代人がいかに糖質を取り過ぎているか、糖質がいかに体に悪影響を及ぼすか、平易な言葉でわかりやすく書いています。

一つの単元が非常にコンパクトにまとまっているので、気になるところだけ拾い読みしても十分理解できます。

成人病の代表格とも言える糖尿病の専門医による執筆ですが、糖質制限ダイエットが広まっていることから、ダイエットの指南書としても利用価値があるのではないでしょうか。

医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68


『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(牧田善二)のおすすめなところ

なぜ糖質を制限しなければならないのか。

糖尿病への危険性以外にどんな危険があるのか。考えたことはありますか?

理由が明確になれば制限されても諦めがつくというものです。

しかも、この本は一律に禁止事項ばかりを並べているのではなく代替案もきちんと提示してくれています。

社会生活を送っていれば、どうしたって食べなきゃいけない時もあります。

居酒屋に行って自分だけアルコールは飲みません、と言えるサラリーマンがどれだけいるでしょう。

友人とおやつを囲もうという時に、1人だけダイエット中だから、と断われますか?

そんな時はこの代替案を利用して、上手に切り抜けましょう。

『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(牧田善二)の好きな項目

『お酒は体に悪くない』という項目があります。

社会人は必読の項目かと思います。

ビールは麦を使っているので体に悪いのは当然推察できますが、じゃあアルコールは一切ダメかというとそうじゃない。

積極的にとっていいアルコールを教えてくれています。

酒は百薬の長という言葉は、案外嘘ではないのです。

また、スポーツドリンク信仰にも警鐘を鳴らしています。

現代は熱中症を恐れるあまり、夏になるとスポーツドリンクが異常に推奨されています。

けれど、あのドリンクにはどれほどの糖分が入っているか考えたことはありますか?

この本ではスポーツドリンクの過剰摂取で糖尿病になった子供の例を挙げています。

子を持つ親としては、一考しなければならないところです。

『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(牧田善二)で得たもの

女性の美容に必須の美肌。

こちらにも意外にも糖質が大きく関わっています。

高い化粧品を付けてもサプリメントを飲んでも効かない、

豚足を食べてもホルモンを食べても、効果は1日限り…。

それは何故でしょう?

私たちは効果があると聞くとすぐに摂取しますが、成分が吸収される過程には無頓着ではないでしょうか。

この本ではその吸収過程に着目しています。

なぜ有効成分が吸収されないのか、されにくいのか。

いかに糖質がそれを邪魔しているのか。

これは初耳の方が多いところだと思います。

『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(牧田善二)はこんな方におすすめ

お勧めするのは老若男女、全員です。

しかし、一番読んで欲しいのは家族の健康を管理している主婦(主夫)の方。

楽な食事はどうしても糖質の多い食事になりがちです。(カレーとか丼とか)

もちろん家族のリクエストだったり、しんどくて仕方ない時もあります。

ではその後どうやってリカバリーするか。

もしくは日常からどうやって糖質を抑えていくか。

正直、本の通りできることとできないことがあります。

そこの折り合いをつけていく時に実際の苦労を知らないパートナーに指示されるより自分主導の方が動きやすいでしょう?

ならば先手をとりましょう。

「なんとなく」の健康管理から根拠に裏打ちされた自信ある健康管理に切り替えることができます。

『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』(牧田善二)のまとめ

この本の通り100%生活できたら、きっとダイエットにも成功できますし糖尿病の心配など欠片もない人生を送ることができます。

けれど、体に悪いものほど美味しいのは真実ではないでしょうか。

山のようなホイップに包まれたケーキ、黄金色のビール、仕事の合間に一服する缶コーヒー…。

この誘惑に勝てるなら、きっと最初からこの本を読まずとも羨ましいほどの自制が出来ている健康体のはずです。

けれど煩悩まみれでいきる一般人には免罪符が必要です。

この一口がいかに体に悪いのか、十分に認知した上で後からこれだけのものを我慢するから、今までこれだけ我慢してきたからそう思いながら口にするのです。

そうやって積み重ねて、少しずつ、少しずつ。

一つずつ時間をかけて体に悪いものを生活から排除していきましょう。

68もの段階に分けて説明してくれていますので好きなところから取り組めます。

当ブログおすすめの一冊

ブログ『大人の読書感想文』管理人が、SNSを通じて知り合った作家さんの本です。

従順のすすめ 廉価版: 開かれた未来へ通じる至極の10の思想 (MyISBN – デザインエッグ社)


・タイトル:『従順のすすめ』

・著者:清水竜志

・内容:現代思想についての本です。

「好きとは何か」
「学業学歴とは何か」
「お金とは何か」
「ストレスとは何か」
「宗教とは何か」
「個性とは何か」
「若者の品格とは何か」
「競争とは何か」
「死とは何か」
「人間とは何か」

といった、現代社会の漠然とした疑問を新しい理屈の真理で解明する、という新しい取り組みをした充実の内容です。

是非、一冊お手に取り著者である思想家の清水竜志さんを応援して下さい。

清水竜志さんのTwitter:https://twitter.com/messages/media/1116542864228413445