『面白くてよくわかる! ユング心理学』(福島哲夫) ― おすすめの本

『面白くてよくわかる! ユング心理学』(福島哲夫)の概要

精神科医であり心理学者でもあるユングの心理学についての考え方が、本人の生い立ちから丁寧に描かれている。

基本的な考え方からより深く実践的な内容、さらに日本人に合わせたとらえ方などが紹介されており、入門編として手に取りやすい一冊。

面白くてよくわかる!ユング心理学―ユングの生い立ちから理論まで、すべてがわかる大人の教科書


『面白くてよくわかる! ユング心理学』(福島哲夫)のおすすめのところ

『面白くてよくわかる! ユング心理学』(福島哲夫)では性別や地域を問わず、人間誰しもが持つイメージである「元型」や、夢分析のような、人間が意識しづらい部分をひも解いていくとこから自分自身を見つめていくという考え方が紹介されています。

コンプレックスや、身近な相談をユング心理学の視点から解決していくコラムなどもあり、分かりやすく伝えていこうという姿勢が見えました。

寝ている間に見る突拍子のないような夢の中にも、本人が抱えている悩みや意図が隠されているケースもあり、自分の内面を知るための足掛かりとなると思います。

『面白くてよくわかる! ユング心理学』(福島哲夫)のおすすのノウハウ

人の心のタイプが大まかに4つに分かれていることが書かれており、いくつかの質問に答えていくと自分がどれに当てはまるかがわかるようになっています。

さらに「外交的」「内向的」といった心のタイプで分けることで、自分の心の特徴や向かない部分などが客観的に分かるようになっている部分は、とても興味深かったです。

”優れている”、”劣っている”ということではなく、自分の心のタイプを知り、それをどう生かしていくのかといったことが紹介されています。

『面白くてよくわかる! ユング心理学』(福島哲夫)で得たもの

誰もが持っているコンプレックスに関しても書かれており、本の中ではいくつかの例を挙げて代表的なコンプレックスの構造について解説されています。

コンプレックスの中には自分ではなかなか自覚できないものも含まれており、思わず感情的になってしまった部分などを振り返って、なぜそのような気持ちになったのかといった心の動きを客観的に観察することが、コンプレックスを発見するうえで大切だと分かりました。

コンプレックスを解消するための第一歩として、まず気づくということが重要なのだと本を読んで感じました。

『面白くてよくわかる! ユング心理学』(福島哲夫)はこんな方におすすめ

自分に対してコンプレックスを抱えている人や、考え方について悩んでいる人にとっては、このような考え方があるということを学べると思います。

心理学について知識のない方でも読みやすく書かれており、挿絵つきで文字数も多くないので、少しの時間で読みやすい本です。




『面白くてよくわかる! ユング心理学』(福島哲夫)のまとめ

自分の心や考え方というのは、すべて自分の思いどおりになっているようで、実は無意識に左右されている部分も多くあります。

建前や社会常識のような考え方にとらわれず、自分が本当に求めていることを考えるときに、無意識に発せられる自分の内面からの声に耳をすませることも必要なのかなと感じています。

進学や就職だけでなく生きるうえでの自己理解を深めるきっかけとして、またユングの考え方を知るための本として、読みやすくまとめられた一冊だと思いました。

当ブログおすすめの一冊

ブログ『大人の読書感想文』管理人が、SNSを通じて知り合った作家さんの本です。

従順のすすめ 廉価版: 開かれた未来へ通じる至極の10の思想 (MyISBN – デザインエッグ社)


・タイトル:『従順のすすめ』

・著者:清水竜志

・内容:現代思想についての本です。

「好きとは何か」
「学業学歴とは何か」
「お金とは何か」
「ストレスとは何か」
「宗教とは何か」
「個性とは何か」
「若者の品格とは何か」
「競争とは何か」
「死とは何か」
「人間とは何か」

といった、現代社会の漠然とした疑問を新しい理屈の真理で解明する、という新しい取り組みをした充実の内容です。

是非、一冊お手に取り著者である思想家の清水竜志さんを応援して下さい。

清水竜志さんのTwitter:https://twitter.com/messages/media/1116542864228413445